アクセス解析

太王四神記 撮影 ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

太王四神記 撮影のカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ヨン様主演「太王四神記」6話のヨン様(太子)生まれた日の回想 youtube動画

ぺ・ヨンジュン主演、太王四神記

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ『太王四神記』のオ・グァンロクが、ひょうきんなところもありますが、ソフトなカリスマを持ったヒョンゴ役で出演しています、太王四神記に一味を加えていて視聴者の関心を高めています。

劇中玄武の神物に仕えるコムル村の村長と同時に雨師の転生であるヒョンゴは、ドラマや映画などで一般的に描かれる厳格な村長の姿とは違い、人間味あふれてソフト、時には羽目をはずす村長として登場している。劇中オ・グァンロクは、弟子スジニ(イ・ジア)にいたずらされたり、お金を儲けるためにスジニとともに偽易者に変身する姿を見せるなど、人間味あふれる村長の姿で注目を集めているようです。

特にオ・グァンロク特有の重厚で深みのある声は、ひょうきんな姿とは似合わないが、風変りな印象を与え、視聴者に好評を得ている。またヒョンゴは四神の親分であるため、回を増すごとにソフトなカリスマと賢明さと賢さを発揮する予定で、ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」の視聴者の関心を受けています。

オ・グァンロクは「『太王四神記』とヒョンゴに多くの関心と愛を寄せてくださり、とても感謝しています。今度の作品を通じて、少しひょうきんで親近感あふれる姿をお見せできて、とても嬉しく思います。皆さんの心に穏やかな感動と笑いを与えることができるように、最善をつくして熱心に撮影に臨んでいます。最後まで多くの期待と関心をお願いします」と伝えていました。







応援お願いしま?す。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記5話の要約

太王四神記第5話。タムドクの笑顔にキハは嫉妬する

太王四神記第5話では撃毬場(げっきゅう:馬に乗って走りながら、棒で球を打つ競技場)、黄軍の攻撃を受けた青軍の選手一人が、馬から落ちる。観客席で競技を見ているタムドクは、スジニに杖匙(チャンシ:球を打つスティック)は、元々中身は竹で作られているのではないかと尋ねる。観客の喊声の中、無表情で座っていた大長老は、紅玉ネックレスが薄い光を放ったため、その方向を見る、馬に乗って走りながら棒で打つ競技は何かに似てるような気がしました。

黄軍の幕舍に入ったタムドクは、ホゲから割れた杖匙(チャンシ)の中の牛の筋を見せてもらい、スジニにお金を渡して、なかったことにしようと言う。スジニはタムドクが太子という事実に驚く。キハは、スジニと一緒に明るく笑うタムドクを遠くから見つめる。撃毬大会の決勝戦を控え、酒を飲んだ黒軍は、怪しい男の襲撃を受ける。駆けつけたタムドクは、スェドルの脇を抱えて助けます。


太王四神記ホームページ





応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」韓国ドラマ撮影

ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」韓国ドラマ本格的な撮影に突入

ペ・ヨンジュンが主演する歴史ファンタジードラマ「太王四神記」が2006-03-16、済州島で撮影の無事と成功を祈る告祀(伝統儀式)を行い、本格的な撮影に突入した。

今回の告祀(伝統儀式)には、キム・ジョンハク監督、脚本家のソン・ジナ氏ら製作スタッフと主演俳優のペ・ヨンジュン、チェ・ミンス、パク・サンウォン、パク・サンミョン、ユン・テヨンらが参加し、ドラマの成功を祈った。ペ・ヨンジュンは「撮影を控えて、みなさんと勢ぞろいできたことをうれしく思います。今はとても期待していると同時に緊張しています。撮影が終わる日までみんなが元気で無事に取り組めるように願うとともに、作品のために最後まで最善を尽くします」と語った。


1118up4撃球場隣の軍幕
sagul2神話時代の洞窟
1118up5撃球場


ペ・ヨンジュンが主演する歴史ファンタジードラマ「太王四神記」が、済州島で撮影『太王四神記』の済州オープンセット一時無料開放
高句麗(コグリョ、B.C.37?A.D.668)時代・広開土(クァンゲト)大王の一代記を描く時代劇『太王四神記』のオープンセットが一時的に無料で開放された。

済州(チェジュ)特別自治道が24日に伝えたところによると、同道は、<チョンアム映像テーマパーク>が220億ウォン(約25億円)を投資し、済州市舊左邑金寧里(グザウプ・キムニョンリ)ミョサンボン観光地区内の2万9000平方メートルにのぼる敷地に設けた『太王四神記』のオープンセットを、今月26日から30日まで、済州道民と観光客に無料開放する方針を決めた。

ドラマが放映される9月10日を前後に有料化する。キム・ジョンハク監督が演出を務めソン・チナ氏が脚本を書くなど90年代に大人気を博したドラマ『砂時計』の制作チームが参加し、韓流スターのペ・ヨンジュンをはじめチェ・ミンス、パク・サンウォンらが主演する『太王四神記』のオープンセットは、これまで日本人観光客などに注目されてきた。

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。