アクセス解析

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン主演「太王四神記」の最新情報をお伝えします。ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記のあらすじ、ぺ・ヨンジュン動画、画像、韓国ドラマ太王四神記NHK放送決定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 益々注目される。

ぺヨンジュン主演太王四神記は益々話題を集めています、
韓国ドラマ「太王四神記

の日本での放映時期が決定したとNHKが明らかにしました。

 NHKによると、「太王四神記」は12月3日からNHKBSハイビジョンで、毎週月曜(午後10時?)に日本語字幕版にて先行放映される。また、BS2でも来年4月から日本語吹き替え版で放映される予定です。

太王四神記」、タムドク&キハ&スジニの悲劇的な愛が始まる

ヨン夫人が自殺した後に、火天会の大長老はヨン・ガリョに近付いてヨン・ホゲをジュシンの王に立てようとする陰謀を企てる。またタムドクがヨン夫人の死と関連があるという事実を知った故国壤(ヤン)王は、タムドクを叱り、その過程で兄と妹の関係であるが、ヨン夫人の反目の対象にならなければならなかった故国壤(ヤン)王の出生の秘密が明かされた。

大人になったタムドクとキハ(ムン・ソリ)、スジニ(イ・ジア)のラブストーリーが第4話から展開される。タムドクとキハは、幼い頃から互いに頼り合い、太子と神女の身分を越えて、友情を育ててきた関係。一人はジュシンの王になる運命に生れついた人物で、一人は火天会の人物で、互いに対立するしかない運命に生れついたが、悲劇的な運命を知らないまま愛するようになる。

大人になったタムドク(ペ・ヨンジュン)が、第4話でスジニと運命的な出会いをするようになる。スジニは非凡な能力を持った運命の子供かも知れないが、腕白な小僧のように賭博場や国内城のあちこちを覗きながら自由奔放に成長。

スジニが、賭博場でスリをしているところをタムドクが目撃して、彼女に付いて行くことになる。このようにしてタムドクとスジニは、運命的な出会いをする。互いの運命を知らないまま出会った3人の人物タムドク、キハ、スジニの悲劇的な愛が、第4話を皮切りに展開される予定で、さらに期待を集めています。

ぺ・ヨンジュンの太王四神記」は益々目が離せませんね。




スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

「太王四神記」4話のヨン様(ペヨンジュン)

ぺ・ヨンジュン主演、太王四神記・公式ホームページ情報

太王四神記、スペシャル放送を皮切りに放送界に波瀾を起こしているMBC水木ドラマ「太王四神記」が公式ホームページを開設しています

http://www.taesagi.com

太王四神記ホームページは五つのセクションに分けられ、ドラマに関した情報が分かりやすく並べられている。神話時代と高句麗時代に分かれて説明しているプロローグ、ドラマの土台になった神話時代、高句麗時代に対する情報、シノプシスと人物紹介、相関図などが含まれているストーリーなど、ドラマについての理解に役立ちます。

太王四神記ホームページで最大の人気はメイキングノート。ここではどこでも見られないメイキングギャラリー、現場スケッチ、セットやロケ場所などがあります。

日本やタイなど、他のアジアのファンのために拡張を計画中の今回の太王四神記ホームページは、国内ファンだけではなく「太王四神記」について大きな関心を見せています、私もとても楽しみです。









応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記ぺヨンジュン主演韓国ドラマ

ぺヨンジュン(ヨン様)主演韓国ドラマ『太王四神記』、中国では放映禁止

中国言論が、ドラマ『太王四神記』に反感を表わしている。9月10日の特別放送で30%の視聴率を上げた、今年最高の話題作ドラマ『太王四神記』で、中国のイメージが悪役に固定していて、歴史を歪曲しているというのがその理由だそうです。

中国有力日刊紙“トンパンジァオバオ”(東方朝報)は、「歪曲された歴史を描いた太王四神記が、中国国家放送局(中家局)の“ブラックリスト”に上がり、大陸(中国)内で放映が禁止される予定」と伝えた。また「大陸内のたくさんのドラマ輸入会社が、削除と編集をしてこのドラマ輸入を試みたが、当局が“歴史紛争”を理由に許さなかった」とこの新聞は伝えています。

一方これと似た事例では、何年か前中国で放映された韓国ドラマ『明成皇后』も、歴史歪曲の理由で大陸内放映が禁止されたが、一部削除と編集を経た後放送された。[資料及び写真提供 : TSGプロダクション文化産業専門会社]



トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記

ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」の視聴率が好調です。

韓国の視聴率調査会社・TNSメディアコリアが14日に明らかにしたところによると、13日に放映された太王神四記第3話の視聴率は26.9%だった。別の視聴率調査会社・AGBニールセンメディアリサーチの調べでも23.8%をマーク、同時間帯に放映されている他局のドラマに大差をつけています。 第1話から高視聴率を記録している「太王四神記」は回を重ねるごとに視聴者の心をつかんでいます。

人気俳優ペ・ヨンジュン主演の歴史ファンタジードラマ「太王四神記」を、「ベルサイユのばら」などで知られる劇画家の池田理代子さんが漫画化することになり13日、東京・目黒のウェスティンホテル東京で記者会見をおこないました。

「太王四神記」はペ・ヨンジュンの約5年ぶりの主演作として、今最も注目を集めている連続ドラマ。韓国では10日からMBCで放映が開始され、第1話から視聴率20%を突破するなど高視聴率を記録しています。

韓国ドラマ史上最高の約430億ウォンという巨額を投じて制作されたこの話題作を、歴史と恋愛が絡み合う大作を発表してきた池田さんが空前のスケールで描くとあって、ファンならずとも注目の作品となりそうです。

会見には池田さんのほか、「太王四神記 公式予習BOOK」の著者、黄聖一(ファン・ソンイル)さんも出席。黄さんは「太王四神記」について「神話、ファンタジー、歴史、美しい愛の物語が盛り込まれた、年齢を問わず楽しめる作品。一番の見所は、何といっても登場人物による愛の物語。かなわない運命のラブストーリーが存分に盛り込まれ、女性であれば誰もが胸をときめかせる内容となっている。期待してほしい」とアピールしました。

池田さんが描く「太王四神記」の連載は、25日発売の「TOKYO★1週間」「KANSAI 1週間」(講談社)でスタート。第1巻分を4回集中連載する。連載終了後には単行本化される予定です。





トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 イ・ジア(スジニ)のオーディション

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ

「太王四神記」
韓国ドラマ『太王四神記』で、スジニ役で出演中のイ・ジアが、30回にわたったオーディションを通じてキャスティングされたことがわかりました。

新人イ・ジアが、『太王四神記』のヒロインスジニ役にキャスティングされたオーディションのビハインドストーリーが公開されました。

最近キム・ジョンハクPDが、インタビューで「イ・ジアの心臓の太さに、キャスティングを決めた」と明らかにした。30回にわたったキャスティングオーディションに参加したイ・ジアは、カメラテスト、シナリオリーディング、関係者ミーティングなどの徹底的な検証過程をすべて経験した。しかし生まれて初めてカメラの前に立ったイ・ジアの初オーディションは、あまり順調ではなかったようです。

演出者であるキム・ジョンハクPDが「予定されたシナリオ演技の代わりに、ある状況を作り出して即興演技をして見なさい」と突然の要求をしたという





このような状況でもイ・ジアは、荒てないで瞬発力を発揮して、父親と対話を交わす状況を演出、演技し始めた。瞬間的にイ・ジアが涙を流しながら「お父さん、お酒を買ってきました。親孝行をしたかったのに」と父親に対する自身の過ちを後悔する台詞を語った。

280345382010150547.jpg

この日父親に対する慕わしさを演じたイ・ジアの姿は、この日参加したキム・ジョンハクPDと関係者の目にはっきりと刻印された。結局イ・ジアは当時念頭に置かれていた国内トップ女優を差し置いて、ヒロインにキャスティングされた。オーディション後キム・ジョンハクPDが直接イ・ジアを事務室に呼んで合格を知らせた後にも、イ・ジアはしばらくこの事実を誰にも知らせなかった。イ・ジアは 「信じられなかっただけでなく、撮影前いつでも交替があるのではと思って、慎重になった」と当時心情を説明していました。









応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記の見どころ、子役4人の演技が見ものです。

太王四神記の子役4人の演技が見ものです。

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」は映画に劣らない華やかな映像で、放送と同時に話題を集めています。太王四神記の子役4人方の熱演が引き立っています。太王四神記の子役4人方と呼ばれるのは、劇中タムドク、ヨン・ホゲ、キハ、スジニ役の子ども時代を演じるユ・スンホ、キム・ホヨン、パク・ウンビン、シム・ウンギョン。彼らは大人の俳優に劣らない演技力で、ドラマ初盤視聴者を釘付けにする見込。

ユ・スンホはジュシンの星が出る日に生まれた広開土大王タムドク役、キム・ホヨンは王の座を巡ってタムドクと宿命の対決を繰り広げるようになるヨン・ホゲ役に出演、ペ・ヨンジュンとユン・テヨンに先駆けて熱演し、第4話の中盤でバトンを渡す。

同時にパク・ウンビンは火の神女カジンの転生でタムドクと切なくすれ違った愛をかわすキハ役で、シム・ウンギョンは熊族出身セオの転生で、タムドクが王になる過程を助ける四神の一人である朱雀の女性スジニ役に出演、ムン・ソリとイ・ジアに先駆けて、演技対決を繰り広げる。

タムドクの子ども時代を演じて、非凡だった幼い時代を披露するユ・スンホは、映画『おばあちゃんの家』『マウミ…』などで見せてくれた熟練された演技を、十分に発揮する。冷静で落ち着いた姿を通じて、子役らしくないソフトなカリスマを持ったユ・スンホは、今までの“国民の弟”から一歩進んで成熟した演技を行ったといいます。

茶目でいたずら好き、冗談が上手なスジニ役のシム・ウンギョンは、くりくりした目が印象的な子役スターで、KBSドラマ『黄真伊』でハ・ジウォンの子役に出演し感性的で真摯な演技を消化した。またMBC『アンパン』では、チェ・ガンヒの子役で大胆な演技を繰り広げた。

タムドクといとこと同時にライバル関係を形成するヨン・ホゲ役のキム・ホヨンは、視聴者にまだ知られていない俳優。『Rent』『ギャンブラー』『ミュージカルアイダ』などに出演して、印象的な演技を繰り広げたミュージカル界の新人。生まれた時から世間から王の後継者と言われてきて、自信に満ちた正義感強い男に成長したヨン・ホゲ役のキム・ホヨンは、自身の感情を隠すことができないストレートで火のようなキャラクターを、期待以上に消化したと制作陣から評価された。

子役4人方の卓越した演技力が引き立つ主人公たちの幼少時代は、第4話の中盤部まで放映されます、お見逃しなく。




応援お願いしま?す☆


トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記 視聴率 

太王四神記」の本放送を前に10日に放映されたスペシャル番組が視聴率11.3%を記録しました。

 視聴率調査会社のAGBニールセンメディアリサーチによると、10日午後10時から放映された「太王四神記」の視聴率はソウルで12.6%、首都圏で12.5%を記録した。最も多い視聴者層は30代女性で、全体の23%を占めた。

 ドラマのメイキングやキャスト、スタッフのインタビューを盛り込んだ「太王四神記スペシャル」は、全24話のファンタジー時代劇「太王四神記」に対する視聴者の理解を助けるために放映されました。

 ぺヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」が、11日放映の第1話で視聴率20%を突破する好スタートを切った。

 視聴率調査会社のTNSメディアコリアによると、「太王四神記」の初回視聴率は20.4%だった。首都圏の視聴率は21.6%をマーク。最近放映されたドラマの中で初回視聴率が20%を突破したのは「太王四神記」だけ。

 太王四神記公式サイトの掲示板にはすでに5000件を超える書き込みが寄せられ、豪華なCGやパワフルなドラマ展開に対する評価が相次いでいます。

 「太王四神記」は12、13日に第2、第3話を放映、19日からは毎週水曜日と木曜日の午後9時55分から放映されています。


応援お願いしま?す☆



トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記スペシャル11.3% 太王四神記 youtube談徳

太王四神記スペシャルは11.3%で順調なスタートでした。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記下半期MBC最高の期待作『太王四神記』の序曲が始まった。10日夜、ペ・ヨンジュンの出演と430億の制作コストで話題を集めた『太王四神記』の序曲と言える『太王四神記スペシャル』が、放映された。11日視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによると、『太王四神記スペシャル』は全国11.3%の視聴率を記録したことが集計されました。

太王四神記
ペ・ヨンジュン 太王四神記 談徳



太王四神記スペシャル放映直後から月火ドラマのトップを維持しているSBS『王と私』は22.0%の全国視聴率を記録、先週より少しダウンした。またKBS第2『アイ・アム・セム』は7.8%の全国視聴率で、『太王四神記スペシャル』の影響は受けなかった。『太王四神記』は、11日から本格的にドラマの展開が始まります。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 益々注目される。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記は映画に劣らないスケールとファンタスティックな映像で、最近話題を集めているMBC新水木ドラマ太王四神記が、教育的な側面でも大反響を起こすことが期待され、注目されている。

太王四神記は10日スペシャル編を皮切りに、11日初回放送を控えている『太王四神記』は、本格的な広開土大王の一代記の展開に先駆けて、桓雄(ファヌン)が天から降りてきた神話時代を描く。

この部分は、ドラマ至上一度も形象化されなかった点で、特に青少年に対する教育的な効果をもたらすことが期待される。第1話では「あまねく人間を豊かにさせよう」と言う理念で天から降りた桓雄、青龍と百虎、玄武、朱雀の四神の形成、神話の中の国家であるジュシンの建立などが、華やかな映像を通じて具体的に形象化されます。

太王四神記は四神の形状化のため、高句麗壁画にある四神図を基礎に卓越した技術力を動員、華やかで雄大壮厳な画面を完成させた。桓雄をはじめとする四神のすべてのものを、劇中玄武(オ・グァンロク)が伝える形式で処理、視聴者が理解しやすく演出されています。

虎族出身で戦争に明け暮れる火の神女カジン(ムン・ソリ)が、桓雄(ペ・ヨンジュン)との闘争で火の力を奪われ、桓雄を愛するようになる過程、熊族の女性セオ(イ・ジア)を愛する桓雄と、これに嫉妬し火の力を取り戻そうとするカジンの復讐などが、フィクションも加味されて演出され、劇的緊張感を与えます。

桓雄神話を描いた第1話は、一編の独立したファンタジー映画で、絢爛たるCGとスペクタクルな映像が引き立つ。領土拡張の大業を成した広開土大王の一代記が主要ストーリーである『太王四神記』は、真の王が誕生するというジュシンの星が出た日に生まれた二人の子供タムドクとホゲの運命的対決、火の神女カジンの転生であるキハと熊族の女人セオの転生であるスジニ、桓雄の転生であるタムドクの数千年続いて来た切なくすれ違った愛をドラマチックに描く予定。

しかしドラマ全般のストーリー展開を裏付ける内容で構成されているため、説明的な側面が強いと言うのが弱点。制作陣はドラマ全体のために不可避的なことであるため、むしろ特別な愛情を注いだという。この点に対して演出者キム・ジョンハクPDは「少し説明的な部分がドラマの楽しさを半減させるかも知れないが、目をはなさず集中して見れるように最善をつくして作った」と説明。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記のイ・ジア、放映前から新鮮なマスクで注目されている。

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記のイ・ジア、放映前から新鮮なマスクで注目されている

太王四神記』で、女主人公を演じる新人イ・ジアが、新鮮なマスクで放映前から視聴者たちの目を引いています。

イ・ジアはペ・ヨンジュンがファヌンに扮する神話時代にはセオの役を、談に生れ変った高句麗時代にはスジニ役を演じる。主演のペ・ヨンジュンと、時代を行き来して因縁を見せることになる。

イ・ジアは全く違うスタイルの1人2役を演じるために、撮影前から乗馬と武術、弓などの苛酷な訓練を受けた。

またデザイン専攻のイ・ジアは、ドラマの中で先史時代のセオの姿から高句麗時代のスジニに変身するために、ヘアーと衣装のスタイルを本人が直接準備する情熱を見せた。

ドラマ放映前から『太王四神記』の視聴者掲示板には、「新鮮なマスクと、やさしくて生き生きした目つきや表情が、新人のようでないカリスマがある」と関心を集め、「可愛いだけでなく、多様な顔の女優なので魅力ある」、「腕白小僧のようなスジニの演技も期待され、悲運の女神セオも気になる」と、大きく期待されています。




太王四神記は、10日ドラマ紹介と制作過程を含んだ『太王四神記スペシャル』を放した後送、11日から13日まで1?3部を放送する予定です。


トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 総制作430億ウォン

ぺ・ヨンジュン主演の太王四神記の総制作は430億ウォン、最高の韓流スターペ・ヨンジュン主演など、要素ごとに特別さを感じさせるMBC新水木ドラマ『太王四神記』が、そのベールを脱いだ。今まで多くの話題を集めた『太王四神記』は、6日午後4時30分ソウル汝矣島MBC本社大会議室で開かれた試写会を通じて、その実体を現わした。

この日試写会には、『太王四神記』の関係者と一緒に演出を務めたキム・ジョンハク監督が参加した。『太王四神記』は桓雄(ファヌン)が天から降りた神話時代から最強の国力を誇った高句麗につながる韓国の古代史を通じて、玄武、朱雀、青龍、百虎の四神と韓国歴史上最大の領土拡張を成した広開土大王の一代記を描いた大叙事詩。

約2時間にわたり、第1話、第2話の主要シーンを見た後「初盤の意欲とは違い龍頭蛇尾(初めは旺盛だが終りが不振な現象を言う言葉)になった他の史劇のように、『太王四神記』もそのようになるのではないか」という取材陣の質問に、キム監督はまだ完成していない部分を認めながらも「既存史劇の限界を充分に超えることができる」と自信感を見せていた。

太王四神記の韓国ドラマを通じて、広開土大王 に対して深く考えるきっかけになって欲しい」と強調した。キム監督は、このドラマの制作意図に対して「外国にはファンタジーに形象化された神話があるが、韓国には今までなかった。今までは教科書や童話だけで見て来た。一度も手をつけることができなかったことを、歴史の根を再現して見たかった。誰かが一度は試みなければならないと思った。私が事故を起こしたとしても、今後もう少し発展的な姿で続けて挑戦し、良い作品が出て欲しい」と明らかにしました。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記の韓国ドラマでキム監督が一番重要視したことは、主人公広開土大王をどのように表現するかということ。キム監督 は「ナポレオン、ジンギス・ハーン、ヒトラーのような世界の多くの征服者と 広開土大王は、根本的に違う」と語った。『太王四神記』は、10日ドラマ紹介と制作過程などを収めた『太王四神記スペシャル』を放送後、11日から13日まで第1話から第3話を連続で放送する予定。第4話以降は、19日から毎週水・木曜日放送される。

歴史ファンタジー韓国ドラマ「太王四神記-」で広開土大王(高句麗第19代国王)のダムドック(談徳)役に扮するぺ・ヨンジュンと、ダムドックの初恋の相手ソギハ役に扮するムン・ソリの写真が11日、初公開された。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記韓国ドラマで今回公開されたのは、広開土大王になる前の青年ダムドックの姿で、今月上旬、京畿道近郊のセットで撮影された。今後、文武を兼ね備え、思慮分別のある王へと成長していく中で、威厳を増していく姿にも期待が集まりそうです。

本格的な撮影に突入したぺ・ヨンジュンは「長い準備期間を経ただけに、これからの撮影がとても楽しみだ。ダムドックという人物が王になる過程を描いたストーリーの序盤は、作品全体に与える意味が大きいと思う」と期待を寄せています。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン1人2役「太王四神記」

韓国ドラマ太王四神記が挙論される度に、省けない人物がいる。それはペ・ヨンジュンである。『太王四神記』はペ・ヨンジュンにとって、2002年『冬のソナタ』以来のドラマ復帰作というだけではなく、韓半島歴史上最も広大な領土を征腹した王として、最近多くの人々が高句麗に多大なる関心を抱き、子孫に最大の自負心を植えつけさせてくれた一人である広開土大王を演じるという点で、特別に意味深いと思う。

太王四神記でペ・ヨンジュンは、桓雄(ファヌン)と広開土大王の1人2役を演じる。第1話の神話時代では、天から降りた桓雄に扮し、今までただの一度も映像にされたことがない韓民族の神話をファンタジー的な映像に再現する。民を治めるために天から降りた桓雄は、平和と豊饒を実現して、愛と知恵を施す。そして熊族の女セオ(イ・ジア)と悲しく切ない恋を展開し、桓雄から火の力を奪われた豪族を代表する火の神女カジン(ムン・ソリ)の愛と妬みで黒朱雀が出現します。

結局四神を封印することになり、一編の映画のような物語が桓雄を中心に繰り広げられる。そして桓雄の転生と子役俳優が演じる初盤を経て、第4話中盤部から本格的な広開土大王の面貌を見せるようになります。ドラマの中でタムドクは王位に付く前、よく国内城の壁を越えて、市場に見物に行き、クッパブ(豚汁)店と賭博場の商人たちとわだかまりもなく交流し、市場通りでは回心曲を格好よく歌うお兄さんと呼ばれるなど、民と自由に交わることを楽しむ人物に表現されます。

そして民を深く理解することができるようになり、真の君主としての面貌を一つずつ取り揃える過程を見せてくれる。虎視眈々とヨン・ホゲ(ユン・テヨン)を王位に付かせるためヨン・ガリョ(パク・サンウォン)と火天会の群れの計略と父親ヤン王(トッコ・ヨンジェ)の子どもに対する犠牲などを通じて、タムドクは人民のためリーダーシップを持った真の太王に生まれかわるようになります。

タムドクが逆境の中で苦難を乗り越えて立ち上り、その過程で見せてくれる臣下と国民を愛する温かくて人間的な王の姿は、この時代が必要する真のリーダー像でもある。ドラマ『太王四神記』は、ペ・ヨンジュン特有の温かくて纎細な演技、そしてカリスマあふれる広開土大王の面貌を披露し、過去になかった“韓国型”英雄キャラクターを誕生させることで期待!


4002407093.jpg
20070922161144.jpg




トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記子役俳優4人が話題になっています。

韓国ドラマ太王四神記で、大人俳優に劣らない演技力でドラマ初盤に視聴者を釘付けにする最強の子役俳優4人が、話題になっています。

映画のような華やかな映像としっかりしている構成で、ファンタジー叙事ドラマの新しい扉を開く『太王四神記』で、大人俳優に劣らない演技力でドラマ初盤に視聴者を釘付けにする最強の子役俳優4人が、話題になっています。

ジュシンの星が出る日に生まれた広開土大王タムドク役には、子役スターと同時に“国民の弟”ユ・スンホ、火の神女カジンの生転生で、タムドクと切なくすれ違った愛を交わすキハ役にはパク・ウンビン、セオの転生でタムドクが王になる過程を助ける四神の一人である朱雀の女性スジニ役にはシム・ウンギョン、そして王の座をめぐってタムドクと宿命の対決を繰り広げるホゲ役にはキム・ホヨンが務め、ペ・ヨンジュンとムン・ソリ、イ・ジア、そしてユン・テヨンに劣らないカリスマ対決を繰り広げることが期待される。

タムドクの子役を演じ、平凡ではない幼い時代を披露するユ・スンホは、映画『おばあちゃんの家』と『マウミ…』などで大人に負けない熟練された演技を発揮した。「人目についてはならない」という父親ヤン王の厳命に、自身を現わすことができずに病弱な振りをしながら、人知れず武術を学ぶタムドク。しかし相手を圧倒する深い内情とカリスマを披露して、継続的な生命の脅威の中でも屈せず、自身と父親であるヤン王を守り抜く。







トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記は盗作?

裁判所が判決、「『太王四神記』、盗作ではない

高句麗広開土大王の生涯を描いたMBCドラマ『太王四神記』が、法廷訴訟において盗作ではないと判決が下された。ソウル高裁民事5部(部長判事イ・ソンホ)は、5日「ホン氏が『論文で発表したアイディアとシナリオを基盤にドラマを制作して、著作権を侵害された』とMBCとドラマ制作社などを相手取って、制作及び放映禁止仮処分申請を起こしていたが、これをを棄却した」と明らかにしました。

ホン氏は、2003年5月『忘れてしまった韓国古代史の復元』というタイトルの論文を発表し、高句麗広開土大王と沸流百済応身天皇が東アジア覇権をめぐって繰り広げた戦争史を主なテーマにする『韓国古代史映画制作方案』も作成した。ホン氏は自身のアイディアとシナリオなど諸般の資料を提供を受けてからも、MBC側が自身を排除してドラマを制作するため「著作権を侵害する恐れがある」と仮処分申請を出した。

裁判府は決定文で「アイディアや理論などの思想及び感情そのものは、たとえそれが独創的で新しいものだと言っても、具体的な言葉、文字などによって外部に表現されたのではないので、原則上著作権保護対象にならない」と判決を下しました。

41.jpg

裁判府はまた「ある著作物が既存の著作物を少し利用しても、既存の著作物と実質的類似性がない別個の独立的な新しい著作物であるなら、著作権侵害に該当しない」という最高裁判所判決を引用して「2作品の筋書や構成などの包括的表現形式は、実質的類似性がなく、申請者の主張は相応しくない」と指摘した。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記のホームページオープン!

『太王四神記』のホームページオープン!
9月10日スペシャル放送を皮切りに放送開始を控えている『太王四神記』のホームページが、9月3日にオープン。

まずホームページのメインには、ブロックバスター映画のホームページのようにファンタスティックなイメージで演出され、主要キャラクターが映像で紹介されている。このような演出は、神話のイメージをさらに鮮明にしています。





高句麗の地に号令した広開土大王の力強いカリスマを感じさせるペ・ヨンジュンのスチールカットと、スクリーンに引き続きドラマで魅力を発散するムン・ソリ、そして劇中のキャラクターをよく表現しているお茶目なイメージのイ・ジアとチェ・ミンス、オ・グァンロク、パク・サンウォンら、主演・助演を問わずすべての俳優の現場写真が、大反響を得ています。

・ドラマ「太王四神記」でヒロインを演じる女優イ・ジアが、同ドラマの主演俳優ペ・ヨンジュンの所属事務所BOFと専属契約を結ぶ。BOFが3日に明らかにしました、これまで事務所に所属していないイ・ジアのマネジメントを代行してきたが、このたび正式に契約を結ぶことになった。「太王四神記」がアジア各国で放映されるのを見据え、英語が堪能なイ・ジアの将来性に注目したといいます

オーディションを経てキム・ジョンハクプロデューサーに抜擢(ばってき)されたイ・ジアは、「太王四神記」がドラマデビュー作となる。演じるスジニは、後に高句麗の広開土王となる主人公・タムドク(ペ・ヨンジュン)が文武両道の真の王となる過程で決定的な役割を果たす。タムドクをめぐり、ムン・ソリ演じるキハと三角関係にもなる役どころ。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記は全24話。

太王四神記は全24話。
太王四神記人気俳優ペ・ヨンジュン主演ドラマとして話題を集めているファンタジー時代劇「太王四神記」が10日からいよいよMBCで放送を開始する。

 高句麗の広開土大王の一代記を壮大なスケールで描く「太王四神記」は、1995年に大ヒットしたドラマ「砂時計」の脚本家・演出家をはじめ、「冬のソナタ」以来約5年ぶりのドラマ出演となるペ・ヨンジュンほかムン・ソリ、チェ・ミンス、パク・サンウォンら一流のスタッフ・キャストが集結した話題作。韓国ドラマ史上最大規模の制作総額430億ウォンが投じられ、制作段階から内外の注目を集めてきた。高度なCG技術を駆使した映像も見どころとなっている。

 10日にメイキング、出演者インタビューなどを盛り込んだスペシャル番組を放送し、11?13日に1?3話を連続放送する。19日からは毎週水曜日、木曜日の午後9時55分から放送される。

【ソウル11日聯合】話題のドラマ「太王四神記」の本放送を前に10日に放映されたスペシャル番組が視聴率11.3%を記録した。

 視聴率調査会社のAGBニールセンメディアリサーチによると、10日午後10時から放映された同番組の視聴率はソウルで12.6%、首都圏で12.5%を記録した。最も多い視聴者層は30代女性で、全体の23%を占めた。

 ドラマのメイキングやキャスト、スタッフのインタビューを盛り込んだ「太王四神記スペシャル」は、全24話のファンタジー時代劇「太王四神記」に対する視聴者の理解を助けるために放映された。




ペ・ヨンジュン日本公式サイト




トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 ヨン様(ぺ・ヨンジュン)を護衛する“四神”

太王四神記 ヨン様(ぺ・ヨンジュン)を護衛する“四神”を公開
太王四神記』に登場する“四神”の姿が公開された。

太王四神記』は、神話に登場する四神(玄武・朱雀・青龍・白虎)のファンタジー的要素を生かし、広開土大王“タムドク”(ペ・ヨンジュン)が広大な満州大陸を支配する内容を描く。タムドクの部下となる四神は、それぞれ水・火・木・鉄などを支配し、タムドクに重要な瞬間の決め手となる力を提供する。





また、四神はファンタジーシーンで神秘な能力を発揮する。21日に初めて公開された四神は、玄武・弦高役を演じるオ・グァンロク、朱雀・スジニ役のイ・ジア、青龍・チョロ役のイ・ピリプ、白虎・チュムチ役のパク・ソンウン。水を支配する弦高は四神の首長で知恵を象徴し、火を治めるスジニは闊達な気性を示す。木の支配者チョロは確固たる守護者の姿を示し、鉄を治めるチュムチは変わらぬ気性を代弁する。


太王四神記公式サイト





トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記予告編 youtube動画

太王四神記予告編

DVD、日本で15万 韓流スター、勇俊(ペ・ヨンジュン、34)が主演する新作ドラマ『太王四神記(たいおうしじんき)』の予告編DVDが放映前に大ヒットする見込みだ。5日付の日刊スポーツによると、7日『太王四神記』の予告編DVD15万本(「金盤」、「銀盤」の2作)が発売。

これは映画やドラマの本編DVD並みの数字を予告段階でたたき出したもの。発売元「エイベックス」によると、映画のナビゲートDVDの平均出荷本数が約1万本なのに対し、今回の15万本は映画やドラマの公開、放送後に発売されるDVDでも大ヒットのレベルのもの。いまでは映画公開前のメーキングDVD発売も珍しくないが、海外ドラマのこうした動きは極めて異例のもので、2本同時発売も初めて。

「金盤」にはヨン様が撮影に備えて乗馬や武術の練習に臨む姿、ファンへの最新メッセージなどが収録され、「銀盤」はヨン様の撮影に密着して素顔を追い、乗馬シーンのアクシデント映像など生き生きとした撮影現場を公開している。いずれもベールに包まれていた内容で、日本のファンの間でDVDの注目度は高まっていた。

『太王四神記』は05年4月に初めてドラマ制作発表会を行なって以降2年間も準備してきた大作であるだけに、ファンらの期待感が膨らんでいた。

太王四神記youtube予告編日本語字幕


太王四神記 ナビゲートDVD
ペ・ヨンジュン主演の歴史ファンタジー大作に迫る、ファン必見のナビゲートDVD!






太王四神記オフィシャルツアー2007

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」韓国ドラマ撮影

ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」韓国ドラマ本格的な撮影に突入

ペ・ヨンジュンが主演する歴史ファンタジードラマ「太王四神記」が2006-03-16、済州島で撮影の無事と成功を祈る告祀(伝統儀式)を行い、本格的な撮影に突入した。

今回の告祀(伝統儀式)には、キム・ジョンハク監督、脚本家のソン・ジナ氏ら製作スタッフと主演俳優のペ・ヨンジュン、チェ・ミンス、パク・サンウォン、パク・サンミョン、ユン・テヨンらが参加し、ドラマの成功を祈った。ペ・ヨンジュンは「撮影を控えて、みなさんと勢ぞろいできたことをうれしく思います。今はとても期待していると同時に緊張しています。撮影が終わる日までみんなが元気で無事に取り組めるように願うとともに、作品のために最後まで最善を尽くします」と語った。


1118up4撃球場隣の軍幕
sagul2神話時代の洞窟
1118up5撃球場


ペ・ヨンジュンが主演する歴史ファンタジードラマ「太王四神記」が、済州島で撮影『太王四神記』の済州オープンセット一時無料開放
高句麗(コグリョ、B.C.37?A.D.668)時代・広開土(クァンゲト)大王の一代記を描く時代劇『太王四神記』のオープンセットが一時的に無料で開放された。

済州(チェジュ)特別自治道が24日に伝えたところによると、同道は、<チョンアム映像テーマパーク>が220億ウォン(約25億円)を投資し、済州市舊左邑金寧里(グザウプ・キムニョンリ)ミョサンボン観光地区内の2万9000平方メートルにのぼる敷地に設けた『太王四神記』のオープンセットを、今月26日から30日まで、済州道民と観光客に無料開放する方針を決めた。

ドラマが放映される9月10日を前後に有料化する。キム・ジョンハク監督が演出を務めソン・チナ氏が脚本を書くなど90年代に大人気を博したドラマ『砂時計』の制作チームが参加し、韓流スターのペ・ヨンジュンをはじめチェ・ミンス、パク・サンウォンらが主演する『太王四神記』のオープンセットは、これまで日本人観光客などに注目されてきた。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 主演者&スタッフ 

ペ・ヨンジュン(タムドク役)
王の星が輝いた日に生まれ、天神の血を受け継いだジュシンの王。高句麗の広開土王タムドク役。 ジュシンの王として四神の神物とその主人を探し出し、桓雄時代から続いてきた縁と運命の紐を解いて行くドラマ全体の主人公。文武を兼備した太王として私利分別が正確で正義感が強く、強いリーダーシップを持った人物

ムン・ソリ(ソ・キハ役)
豪族の火の神女であるカジンの転生で、スジニの実姉。火天会によって親を奪われ、記憶も失い、妹であるスジニとは別々に育てられ、互いの存在が知らないまま天の力を独占しようとする火天会によって育てられる。15歳になった日、火天会によって国内城の天地神堂に入るようになり、自らを火天会の神女だと思い、火天会の使命を人生のすべてと思って生きてきた彼女だった。

イ・ジア(スジニ役)
熊族の女人セオの転生で桓雄(ファヌン)によって火の力を持つようになった桓雄の恋人。1歳にもならない年に火天会によって両親と姉を奪われ、コムル村の人々に発見され、ヒョンゴを師匠と呼び、師匠に似て笑い話が上手な子どもに育つ。周辺に女性がいないコムル村で成長したため、女の子というよりわんぱく小僧で、弓術に優れ、賭博やスリにも才能を見せる動きが早い武士に育った。そうしたスジニが市場で偶然にタムドクと出会い、彼らの縁が再び始まった。

ユン・テヨン (ヨン・ホゲ役)
夜空にジュシン王の星が浮び上がった時、タムドクと同じ日に生まれた高句麗最高の貴族。ヨン・ガリョを父親に、そしてソスリム王の妹を母親にして生まれたヨン・ホゲは、名実共に王の末裔として仰ぎ敬われた。しかし母親のヨン夫人が他界した理由を知り、キハを愛するようになってから…彼は王になる決心を固め、タムドクと対立するようになる。

パク・サンウォン(ヨン・リョ役)
高句麗で王よりも多くの数の兵を従えたという高句麗第一の貴族で、王の次席である太大兄として、息子ヨン・ホゲを高句麗の王にしようと火天会の大長老と結託してタムドクとことごとくに対立する。タムドクの牽制者としてカリスマを発散し、知略的で冷徹な人物。

チェ・ミンス (大長老役)
ジュシンの末裔が天の力を持つことができないように阻む使命を持った、火天会の大長老。しかし彼は、ただジュシンの末裔に与えられる天の力を阻むだけでは野心を満足させることができず、彼はその天の力を自ら欲しいと願う。そのために彼は、ジュシン王の末裔を手に入れなければならず、必ず四神の産物を彼の手で探さなければならない。

スタッフ

監督:金鍾學(キム・ジョンハク)
脚本:宋智娜(ソン・ジナ)
音楽:久石譲
制作:TSGカンパニー

FC2 Blog Ranking

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記はぺ・ヨンジュン主演の人気上昇中の韓国ドラマです。 

太王四神記ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマです。 
太王四神記(たいおうしじんき)は、2007年9月11日に韓国のMBCで放送を開始した韓国ドラマです。太王四神記の放送は毎週水・木曜日の午後9時55分から(JST)。HD放送、5.1chサラウンド放送しています。

韓国ドラマ太王四神記は高句麗を舞台とする時代劇。映画並みの巨額の予算をかけ、コンピュータグラフィックスを多用するなど韓国ドラマとしては異例の作品です。
初期の高句麗を舞台とする、韓国の漫画である『風の国』を盗作したという疑惑を受けたこともある。

韓国ドラマ太王四神記主演のペ・ヨンジュンとムン・ソリ。ペ・ヨンジュンにとっては「冬のソナタ」以来5年ぶりのテレビドラマです。

peポスター


韓国ドラマ太王四神記は日本の作曲家、久石譲が音楽監督を務める。

韓国ドラマ太王四神記は当初は2007年5月からMBCで放送開始の予定だったが制作上の問題から放送が延期されました。

太王四神記、日本では放送前の2007年3月にメイキングなどを収めたプレビューDVDが2タイトル発売され、オリコン週間DVD総合ランキングで1・2位を独占しました。
韓国ドラマ太王四神記は日本ではNHKが放送契約を結んでいます。
楽しみですね!

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。