アクセス解析

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン主演「太王四神記」の最新情報をお伝えします。ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記のあらすじ、ぺ・ヨンジュン動画、画像、韓国ドラマ太王四神記NHK放送決定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン(ヨン様)ニュース

ぺ・ヨンジュンニュースはヨン様ドラマ24週に分け映画館で上映するんですって、ぺ・ヨンジュンさんファンにはうれしいニュースですね。

その前にこのブログでぺ・ヨンジュン主演「太王四神記」の予備知識をつけてくださいね。

今日はぺ・ヨンジュン主演太王四神記第10話予告です。

 韓国俳優ペ・ヨンジュン(35)の最新主演ドラマ「太王四神記(たいおうしじんき)」が、12月から日本の映画館で上映されることが28日、分かった。同ドラマは1話1時間、全24話の歴史ファンタジー。来月(公開日未定)から2話を1セットとして、各セットを2週間ずつ順に上映。計24週間にわたって公開する。劇場は、東京・新宿バルト9などT・ジョイ系列の全国12館が中心。
 同ドラマは現在、韓国MBCテレビで放送中で、高視聴率を獲得している。日本ではNHKが、BSハイビジョンで12月3日から毎週月曜日午後10時に放送し、来年4月からはBS、その後に地上波という放送計画を立てている。
 海外ドラマの劇場上映は「ホテリアー」「冬のソナタ」などの前例があるが、いずれもテレビ放送終了後もしくはビデオやDVDの発売後だった。今回は、日本で最初のテレビ放送が終了しないうちに始まり、普及世帯数が多いBSや地上波放送の前に全話が紹介されるという、初めての試み。テレビで視聴可能なドラマを、わざわざ劇場まで足を運ぶという目算がたつからできるビジネスモデルだけに、根強いヨン様人気を物語る動きといえる。 引用:日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000034-nks-movi

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュン太王四神記撮影中に怪我!

ペ・ヨンジュンがドラマ「太王四神記」撮影で右手人さし指靭帯断裂

 ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記撮影中、ペ・ヨンジュン(35)が、右手人さし指の靱帯(じんたい)を切るけがをしたと、所属事務所が26日、明らかにした。ヨン様は24日、済州島のセットで切り合いシーンを撮影中、相手の模造刀が指に当たり、病院で手術を受けた。指にギプスをして、すぐに撮影に戻った。終盤の撮影が続いているため、同日中に現場に復帰したという。同ドラマは韓国で30%前後の視聴率を獲得し、日本でも12月3日からNHKのBSハイビジョンで放送を開始する。日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=c_ent
前回は太王四神記撮影中に落馬!
今回は太王四神記撮影中にじんたいを切る怪我!

大丈夫ですかねぇ 2度ある事は3度ある?
3度目が心配になってきました。




トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記主演「ヨン様の女」イ・ジア、すでにトップ女優クラス?

ペ・ヨンジュン主演『太王四神記』でヨン様ことペ・ヨンジュン(Bae Yong-Joon)の相手役「スジニ」を演じている女優のイ・ジア(Lee Ji-A)が、有名化粧品ブランドの看板モデルになる。
http://www.afpbb.com/article/korean-entertainment/korean-fashion/2300262/2261988

280345382010150547.jpg
20070926093259.jpg

ペ・ヨンジュン主演『太王四神記』の新人イ・ジアは、撮影中何度も危険な峠を越した事実が、一足遅れて知らされた。回を増すごとにスペクタクルなアクションシーンが多くなる『太王四神記』で、劇中スジニは武技が抜群な女性戦士である。このためスジニ役を演じるイ・ジアは、多くのアクションシーンで身を投げ打って熱演し、全身にくまなく栄光の傷を残している。

制作陣によると、傷を作らない日のないイ・ジアは『太王四神記』の撮影中、見ている人が驚くほどの危険な峠を何度も越して、周囲が嘆声をもらしたという。この中で最もスタッフを驚かせたのは、クマバチに刺されて救急病院に搬送されたこと。撮影中タムドク役のペ・ヨンジュンの肩に付いていたクマバチが飛んで来て、イ・ジアを刺した。あっという間に起ったことで、スタッフは勿論、一緒に演じていたペ・ヨンジュンもとても驚いた。

しかしイ・ジアは、意識がぼんやりするほどに深刻な状況にもかかわらず、驚いて駆けつけた人々に「大丈夫」と話し、安心させる気丈な姿を見せた。ペ・ヨンジュンの助けにより病院で解毒剤の注射を打ち、数時間後に回復したイ・ジアは、驚いたスタッフに逞しい姿を見せ「人並みはずれて、プロ根性が強い」と称賛された。

腕白なキャラクターで人気独占したイ・ジアは、第8話からコムル村の弟子として武技と弓術にも優れた女性戦士に成長し、タムドクを護衛するなど、多くの活躍を披露する予定。このため馬に乗るシーンが頻繁に出てくるが、一度は20頭くらいの馬がいっぺんに駆けて来るシーンを撮影した時、馬とぶつかり飛ばされる事故もあった。幸いにイ・ジアは正面からぶつかったのではなく、横からぶつかり大きな事故を兔れたようです、良かった。




応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュンと常に一緒にいられる喜びを味わえる携帯電話が登場!

ペ・ヨンジュンの日本所属事務所であるIMXは、今年の冬に<BYJケータイ(仮)>を発売すると明らかにしました。

今年の春、ペ・ヨンジュンモバイルサイト(http://mybyj-pr.jp)を通じて実施した携帯電話使用に対するアンケート結果をもとに<BYJケータイ>の開発に乗り出したと発表し「オリジナル写真をふんだんに使い、これまでにない独特の世界を作った。写真以外にも見て、触って、聞いて楽しめるオリジナルコンテンツが満載だ。ペ・ヨンジュンとあなただけの世界が開かれる」と自信満々のようです。

今回お目見えする<BYJケータイ>は機械本体ではなく、既存の本体でクリックすると待機画面とメニュー背景画面及びアイコン、そして各種着信音とアラーム音など本体の機能がすべてペ・ヨンジュン仕様に変身するサービスだと運営側のアクセル(ACCEL)は説明しています。

既存モバイルサイトの「あなたと電話したい」「メールが来ました」「時間になりました」など、多様な音声サービスも楽しむことができるようです。





応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュン主演の太王四神記7話から楽しくなりますよ

ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」がいよいよ7話からより楽しくなります。ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記が、秋夕(チュソク/旧盆)連休期間中少し下がった視聴率を、27日の太王四神記第7話で30%台に回復し、変わらない人気を証明した。『太王四神記』の視聴率回復には、このドラマの中心のストーリーの一つであるタムドク(ペ・ヨンジュン)-キハ(ムン・ソリ)-ヨン・ホゲ(ユン・テヨン)の三角関係が、太王四神記第7話から本格化された点もあると解釈される。

太王四神記では幼い時から好きだったタムドクを生かすため、キハが死をかえりみず彼を助け出す姿は、視聴者を感動させた。ところでファンの関心は、2人が一緒に寝ていたシーンに集中しています。キハとタムドクが一緒に逃げた後一夜を過ごすシーンが曖昧に描かれており、多くのファンが解釈に苦労しています。

涙の抱擁シーンの後、タムドクとキハは一つの布団で寝ていたという点、2人のしっかり握り合った手が、タムドクの少しはだけた胸の上にのせていたという点、外部の人気にキハが服を着て出て行った(キハが上着を脱いでいた)点を推し量り、2人が結ばれたことを暗示している。視聴者は、タムドクと火天会の支配の中にあるキハの切ない愛に「涙を流した」と感想を寄せています。

今後ペ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」は、タムドク-キハ-ヨン・ホゲ、タムドク-キハ-スジニ(イ・ジア)の前世からの宿命的な三角関係が形成される見込みで、視聴者の関心を高めていきます。

ぺ・ヨンジュン公式モバイルサイト

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記は12月3日にNHKの衛星チャンネルを通じてスタートします。

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」は
12月3日にNHKの衛星チャンネルを通じてスタートします。

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記、韓国の時代劇には、子役が登場した後に成人の役が登場し視聴率が上がるケースはない、という不文律がある。大人気を博した時代劇『朱蒙(チュモン)』や『宮廷女官チャングムの誓い』も、子役が成人に変わった直後は停滞していました。

しかし“ヨン様”ことペ・ヨンジュンはさすがに違った。19日に第4話を放送した「太王四神記」は、子役ユ・スンホがペ・ヨンジュンに変わると共に視聴率30%台を突破しました。現在の勢いならば果たしてどこまで進むものか気になってくる。300億ウォン(約36億円)の制作費(セットの制作費130億ウォンは別)が投入された「太王四神記」は、この3年間韓国とアジア各国で注目されてきました。

韓流のシンボルも同然の俳優ペ・ヨンジュンが「冬のソナタ」以降初めて出演したドラマで、彼のギャランティーが1話当たり1億ウォン弱とされたり、最近では「1話当たり2億ウォン」とも言われ、関係者が急いで釈明したりもした。ギャラは1億ウォン未満だが、肖像権と付帯事業権を含ませるとペ・ヨンジュンに入るお金は約50億ウォンだというのが定説です。

「太王四神記」が全24話だから、結局1話当たり2億ウォン以上を儲けるわけだ。しかし影もある。『太王四神記』は、ファンタジーを目ざすものの、主人公の広開土(グァンゲト、375?413、高句麗第19代王)大王を“桓雄(ファヌゥン)の現身”または“真の主人となる王”に設定し、民族の誇りを高めようとする野心を持っています。

もちろん、こうした“愛国のマーケティング”は、“韓流の旗手”としてのペ・ヨンジュンの性格にはそむく。そのため「太王四神記」は危険な綱渡りを続けている。日本を主な市場に見なすドラマで、日本または“倭国”という国にまったく触れないのは、見方を変えれば当然のことだが、中国も登場しないのは意外です。

<東北工程(中国において97年から開始された歴史研究プロジェクトで、高句麗・渤海を中国史の地方政権に見なしている)>に対抗するドラマとされていたのとは違って、同ドラマで広開土大王が戦う相手は中国ではなく“ファチョンフェ”という汎国家的団体だ。中国を刺激したくないという意図が明らかだが、すでに中国のメディアはペ・ヨンジュンと「太王四神記」を“悪の枢軸”と定義付ける雰囲気です。

「太王四神記」のマンガを描く漫画家・池田理代子氏の所感を聞いてみよう。『ベルサイユのバラ』などを描き、最近引退したこの巨匠は「提案後にしばらく悩んだ。断れば他の人がヨン様の顔を描くわけだがそれは耐えられない」と語り、粛然とした雰囲気にさせた模様です。


ぺ・ヨンジュン公式サイト



応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

「太王四神記」7話のぺ・ヨンジュン(ヨン様)出演

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記

キム・スンウVSペ・ヨンジュンの正面対決は? 
仲の良い先輩後輩の間柄であるキム・スンウ(38)とペ・ヨンジュン(35)が仲の良い正面対決を繰り広げ、注目を集めています。

2人はSBS『完璧なお隣さんに出会う法』とMBC『太王四神記』が12日から水?木曜日午後10時でぶつかり、2週連続争ってきた。視聴率では『太王四神記』に軍配が挙がっているが、この2人の対決は単純な視聴率の数値の比較では語れない。

『完璧なお隣さんに出会う法』は『太王四神記』が登場するまで視聴率は10%台後半で、地上波水木ドラマの王座だった。『太王四神記』が裏番組に現れなければ27日の最終回までおそらく1位をキープできただろう。ところが初回で視聴率20%超えの『太王四神記』が4回(19日放送)で30%も突破、構図は完全に変わってしまった。

しかしそんな状況になっても『完璧なお隣さんに出会う法』の健闘ぶりが光る。『太王四神記』の疾走と圧倒的な視聴率に影をひそめてしまった感じでも『完璧なお隣さんに出会う法』の視聴率には大きい変化がないのだ。『完璧なお隣さんに出会う法』の底力が認められた格好だ。『太王四神記』が裏番組でも常に14?16%の視聴率を記録しました。

ペ・ヨンジュンが唯一、信じて頼る先輩であるキム・スンウは『太王四神記』の放送に先立って「『太王四神記』は我が国を代表するドラマだから無条件成功しなければならないじゃないですか」と話している。「もちろん『完璧なお隣さんに出会う法』と正面対決をすることになったのは残念ですが」と言って笑った彼だが「しかし『太王四神記』と今までの僕のドラマはまったくジャンルの違うドラマであって、力を入れているドラマであるだけに成功してほしいと思う」と話した。

キム・スンウとは
ソウル出身の俳優。通称ミルキーボーイ。メロドラマの俳優として有名であるが、もともとはアクション俳優としてデビューした。また、コミカルな演技も多数披露している。
キム・スンウは水原大学校経営大学院修了。1990年の将軍の息子がデビュー作とされる(ただし、1974年に子役として出演している)。1995年にイ・ミヨンと結婚した。2000年に離婚。2005年にキム・ナムジュと結婚、一女をもうける。



太王四神記オフィシャルツアー2007

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記は日本輸出のために・・・?

ぺ・ヨンジュン主演の太王四神記は、高句麗(コグリョ)の征服君主である広開土(クァンゲト)大王を主人公とし、民族誕生神話の壇君(タングン)神話を背景としている点で民族自尊心の鼓吹が核心要素になる作品だ。しかしこれまでの『太王四神記』の内容には論議の余地がある。 広開土大王の業績の一つ、倭寇討伐の過程が扱われていない点、また当時日本に莫大な影響力を及ぼした百済の威勢が縮小されている点だ。これは、第2次世界大戦当時に日本関東軍が任那日本府説を後押しするため広開土大王碑文を操作したという一部の主張を思い浮かばせるなど、後味が悪いようです。

また作品の中で広開土大王の宿敵は視聴者が期待している中国ではなく、王位をめぐって争うヨンホゲと広開土大王の帝王登極を妨げる“火天会”という国籍不明の組織である点も論議の余地を残しています。

このように「太王四神記」は実際の歴史とかけ離れているようです、もちろんドラマが歴史を忠実に再現する必要はない。しかし今回の場合、単なる興味や歴史解釈の問題ではなく、韓流輸出対象国の日本などアジア国家をあまりにも意識し過ぎているのではないか、という印象を与えています。

「太王四神記」の中には当時“倭”という国として存在した日本はまったく出てこない。広開土大王が満州大陸征伐のほかにも新羅(シルラ)に侵入した倭寇の討伐にも大きな業績を残した点を勘案すると、かなり縮小された歴史紹介となっています。

これについてキム・ジョンハク氏は「民族の神話から意味のある話をつくって面白く描いたものだ。日本まで扱おうとするとあまりにも膨大な内容になる。24部作では消化できない。征服者ではなく温かいイメージの帝王である広開土大王の容貌を演出するため最も必要な要素だけを圧縮した」と説明しています。


応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神は緊迫した“撃毬”シーン圧巻! 

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神は(馬に乗って走りながら棒で球を撃つ競技)シーンが放送され、視聴者たちの名シーンだったという反応と共に、視聴率30%という安定した数字を見せました。20日、『太王四神記』は視聴率調査機関<TNSメディアコリア>によると全国視聴率基準31.5%を記録し、前日放送された4話に続き、連続で30%台の視聴率を記録した。最近、テレビ局やケーブルテレビなどの熾烈な視聴率争いにより、30%台の視聴率を維持するのが容易くないことを考慮すると、『太王四神記』は序盤の安定的な視聴率を確保しています。

とくに、このような視聴率に大きく寄与したのが5話で放送された撃毬シーンだ。高句麗(コグリョ)で撃毬大会が開催され、馬上で繰り広げられる強い男性たちのパワーと技量が、国内ドラマ史上初めて描かれた。これを見た視聴者たちは「1本の映画を見ているみだいだった」「まるで西洋のポロ(4人1組で競う馬上競技)を見るようなシーンだった。撃毬を見ている間、息ができないくらい迫真感に溢れた」など、撃毬に対する感想を綴った。同時に、タムドク(ペ・ヨンジュン)を守る高句麗の近衛隊兵士たちを引率するカクダン役のイ・ダヒの姿もまた印象的であったという評価を残すなどです、毎回豊富な話題を生み、成功的な興行神話を作り出しています。




応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 NHK放送に続いてニフティでも動画が観られるそうです。

ぺ・ヨンジュン主演、太王四神記

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ『太王四神記の動画コンテンツが日本列島に登場します。

ニフティ株式会社は「12月3日から日本のNHKで放送されることになった『太王四神記』を、放送終了後からPCと携帯電話で独占動画サービスを開始する」と明らかにしました。

ニフティ株式会社の動画サービスはMBCオリジナル版『太王四神記』の全24話を日本語字幕付きでサービスし、日本語版『太王四神記』ホームページもオープンする予定だ。PCと携帯電話専用で作られる『太王四神記』公式ホームページではドラマの歴史的背景、出演者と撮影現場情報、コミュニティーなど、ドラマをもっとふんだんに楽しめるための情報を提供し、日本ファンの視線をとらえる予定。

ドラマ史上最高額である430億ウォン以上の制作コストを投入し、放送前から話題を集めた『太王四神記』は、ファンタジードラマで、日本の有名作曲家久石譲が音楽を担当しています。

特に19日に放送された第4話からはペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジアら(成人した)主演キャストが登場して関心も高まっている。『太王四神記』は放送2週目で30%台を突破、連日同ドラマ新記録を更新しています。『太王四神記』は毎週水、木曜日午後9時55分から放送されます。








応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」ぺ・ヨンジュン動画

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」は・・・

太王四神記エンディングのメイキングフィルムが好調です。
毎回上昇してきた「太王四神記」第4話に引き続きタムドクとヨン・ホゲの対立構図に集中。

撃毬大会に死に物狂いで勝利しようとするヨン・ホゲと、彼を阻止しようとしたが、さらに悪らつになるヨン・ホゲと対立し、規則を破って撃毬大会に参加するタムドクの葛藤が極大化されながら劇に強い緊張感を付与した。

特に放送の最後に撮影現場の様子を見せてくれたことは、新鮮だったようです、劇中撃毬大会シーンは、総監督キム・ジョンハクPDが放送前から強い自信感を見せたシーン。これは高い視聴率を牽引しただけなく、どのように撮影したのかという好奇心も誘発しました。

これに応えるように制作陣は、放送エンディングに話題の撃毬シーンを撮影した現場の姿をメイキングフィルムで紹介して、チャンネルを回そうとした視聴者を釘付けにして、不思議に思った内容を解き明かしました、土ぼこりが飛ぶ現場で、スタッフと俳優がどのように苦労しているのか、映し出されました。

また胎室に監禁されたタムドクが、外に出ようとしたところに会ったカクダン(イ・ダヒ)と競うシーンも、視聴者の脳裏に焼き付いた。番組で初めて登場した正統アクションシーンを見せたペ・ヨンジュンとイ・ダヒは、 視聴者の好評を博しました。




トラックバック(-) コメント(-)

ヨン様主演「太王四神記」6話のヨン様(太子)生まれた日の回想 youtube動画

ぺ・ヨンジュン主演、太王四神記

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ『太王四神記』のオ・グァンロクが、ひょうきんなところもありますが、ソフトなカリスマを持ったヒョンゴ役で出演しています、太王四神記に一味を加えていて視聴者の関心を高めています。

劇中玄武の神物に仕えるコムル村の村長と同時に雨師の転生であるヒョンゴは、ドラマや映画などで一般的に描かれる厳格な村長の姿とは違い、人間味あふれてソフト、時には羽目をはずす村長として登場している。劇中オ・グァンロクは、弟子スジニ(イ・ジア)にいたずらされたり、お金を儲けるためにスジニとともに偽易者に変身する姿を見せるなど、人間味あふれる村長の姿で注目を集めているようです。

特にオ・グァンロク特有の重厚で深みのある声は、ひょうきんな姿とは似合わないが、風変りな印象を与え、視聴者に好評を得ている。またヒョンゴは四神の親分であるため、回を増すごとにソフトなカリスマと賢明さと賢さを発揮する予定で、ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」の視聴者の関心を受けています。

オ・グァンロクは「『太王四神記』とヒョンゴに多くの関心と愛を寄せてくださり、とても感謝しています。今度の作品を通じて、少しひょうきんで親近感あふれる姿をお見せできて、とても嬉しく思います。皆さんの心に穏やかな感動と笑いを与えることができるように、最善をつくして熱心に撮影に臨んでいます。最後まで多くの期待と関心をお願いします」と伝えていました。







応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 ユン・テヨンの演技について

ぺヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記、ユン・テヨン、タフで強烈なカリスマ演技が輝いている。

19日大人の俳優にバトンタッチされ、新しい局面を迎えた『太王四神記』でユン・テヨンは、タムドク(ペ・ヨンジュン)と対立するヨン・ホゲ役で出演、相対的に荒くて強靭なキャラクターを完壁に消化しています。

ユン・テヨンは、王より大規模な兵を従えた絶対権力の持ち主である太大兄ヨン・ガリョ(パク・サンウォン)と小獸林王(ソスリム王)の妹ヨン夫人(キム・ソンギョン)との間に生まれた自他公認の最高貴族に成長するヨン・ホゲ役で熱演中です。

映画『ハリーポッター』のクィディッチチームと比較されながら高い関心を集めた撃毬大会シーンで、ユン・テヨンは特有の男性的で強烈なカリスマを発散、「ユン・テヨンの再発見」と言っても過言ではない印象的な演技を繰り広げています。

撃毬シーンを含めたユン・テヨンの熱演は、新しい局面に入った『太王四神記』に一層力を加えることが予測される。“素足”という別称を持っているユン・テヨンは、今度のドラマを通じて“ヨン・ホゲ ”という新しい別称を得ることが期待されています。





トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ『太王四神記』写真集発売!

太王四神記の写真集が1月に発売するそうです。
太王四神記の視聴率は30%で高空飛行中です。太王四神記が、12月3日から日本のNHKで放映されるのはもちろん、1月には日本で写真集も発売されるそうです。

日本のスポーツ紙日刊スポーツは、28日ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記の公式写真集が、来年1月1日に日本で発売されると報道しました。太王四神記の写真集には、ドラマ未公開の多数のカットと共に、ペ・ヨンジュンの登場シーンを中心に、全100ページを越える豪華版写真集として出版される予定で、フォトカードなどが付録でお目見えすることになります。

写真集の価格は1万2000円で、韓貨約9万5000ウォン程度だそうです。
楽しみです、早く購入した?いです。




トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記の高視聴率は30代男女が貢献している!?

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ、太王四神記は時代劇というけれど30代の若者に人気があるんだって!

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」は、当初、制作陣はこの作品が果たしてどの年齢層に支持されるのか懸念していた。ドラマ史上最大規模の制作費を投じた大作というプレッシャーとともに、華麗なCGと神話に基づいた複雑なストーリーが茶の間の視聴者にどこまで受け入れられるのかは未知数だったようです。

時代劇の視聴率は通常、50代以上の視聴者の関心に左右されるが、「太王四神記」は若者寄りの趣向で制作されており、伝統的な時代劇ファンの趣向に合わないという可能性もありました。

しかし太王四神記が始まってみると、制作陣の心配は杞憂に終わりました、11日放映の第1話から視聴率20.4%と好スタートを切り、19日放映の第4話では31.7%(ともにTNSメディアコリア調べ)の高視聴率をマークしました。中でも若い世代の関心は期待以上のものでした、中高年層の視聴率が相対的に低かったのに対し、30代男女からは熱い支持を得たようです。

太王四神記1?5話までの男女別・年齢別視聴率を見ると、30代女性が22.5%と最も高く、50代女性(12.4%)、60代以上の女性(9.0%)を大きく引き離しています。

男性の場合は30代が15.0%と最も高く、50代が11.7%、40代が10.2%(以上AGBニールセンメディアリサーチ調べ)となった。これまで男性の時代劇の視聴率では60代以上がダントツに高かったため、この結果は女性視聴者層以上に意外なものといえます。

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ、「太王四神記」が30代男性を夢中にさせているのは、華麗な映像と新鮮なストーリーによるものです、大作映画を彷彿(ほうふつ)させるCGが随所に登場し、ゲームや小説のようなファンタジー世界が本格的に描かれているからです。

また、太王四神記は映像のすばらしさが「インターネットで見るより、テレビの大きな画面で見たほうがいい」という認識を視聴者に与え、視聴率アップに貢献しているようです。



トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記5話の要約

太王四神記第5話。タムドクの笑顔にキハは嫉妬する

太王四神記第5話では撃毬場(げっきゅう:馬に乗って走りながら、棒で球を打つ競技場)、黄軍の攻撃を受けた青軍の選手一人が、馬から落ちる。観客席で競技を見ているタムドクは、スジニに杖匙(チャンシ:球を打つスティック)は、元々中身は竹で作られているのではないかと尋ねる。観客の喊声の中、無表情で座っていた大長老は、紅玉ネックレスが薄い光を放ったため、その方向を見る、馬に乗って走りながら棒で打つ競技は何かに似てるような気がしました。

黄軍の幕舍に入ったタムドクは、ホゲから割れた杖匙(チャンシ)の中の牛の筋を見せてもらい、スジニにお金を渡して、なかったことにしようと言う。スジニはタムドクが太子という事実に驚く。キハは、スジニと一緒に明るく笑うタムドクを遠くから見つめる。撃毬大会の決勝戦を控え、酒を飲んだ黒軍は、怪しい男の襲撃を受ける。駆けつけたタムドクは、スェドルの脇を抱えて助けます。


太王四神記ホームページ





応援お願いしま?す。

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。