アクセス解析

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン主演「太王四神記」の最新情報をお伝えします。ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記のあらすじ、ぺ・ヨンジュン動画、画像、韓国ドラマ太王四神記NHK放送決定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記韓国ドラマ太王四神記が、24日の第12話から新しい局面を迎えるそうです、主人公タムドク(ペ・ヨンジュン)の変身が始まります、先週カオリ剣に刺されても死ななかったタムドクは、その後太子ではない太王としての面貌を取り揃え始めています。

まずコムル村の情報網を活用して国際情勢を把握し、自身をまだ信頼していない貴族たちを巻き込み、ホゲ軍を側面支援するために関彌城(カンミジョウ)に向かうことで、本格的な戦闘を開始する。内面的葛藤を経験した太子の姿から脱して、堂々としてカリスマあふれる太王の時代が渡来する。視聴者は、ジュシンの王として変貌するタムドクの姿に、釘付けになるでしょうね。

太王として最初の戦闘の対象は、関彌城に向かう10の城。10の城を、20日以内に占領しなければならない。さらに大きなことは、戦闘においては神に近いことで有名な関彌城主が構えている関彌城戦闘。

本格的な戦闘が始まり熱気にみちた『太王四神記』は、百虎チュムチとともに、近いうちに青龍チョロも登場することになり、本格的な第2幕の開始を予告しています、ネットユーザーはこれから迫力あふれる戦闘シーンがみられますよ。



ぺ・ヨンジュン動画太王四神記 12話

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記18話

ぺ・ヨンジュン動画太王四神記☆18話last

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 19話

ぺ・ヨンジュン動画太王四神記☆19話last

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画16話17話シーン

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記が、玄武の神物が目覚めたことに続き、百虎の現身チュムチの合流で戦列を整える。早い展開と映画のようなスケールで話題を集めています、

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記は、四神の一つである玄武の現身ヒョンゴ(オ・グァンロク)が、タムドクをジュシンの王として迎え入れたことに続き、将来百虎に生まれかわるチュムチ(パク・ソンウン)がタムドクの軍隊に合流することで、さらに大きな力を得ることが予想されますね。

視聴者の間では対決の勝敗は勿論、タムドクがどのようにチュムチの仲間を糾合するかに対して関心が高まっているようです、顔は気に入らないが、力で勝ったら一緒に働くというチュムチの提案にタムドクは承諾する。即席で行われた対決において、タムドクが少しも譲らず、10試合を負かして、チュムチがタムドクに承服することになる。こうしてチュムチはタムドク側の人になり、タムドクがこれから王になる過程で、心強い味方を得ることになる。また髪型など笑わせるキャラクターの役目を果たしているチュムチは、劇中タルビとの恋の行方にも、注目を受けています。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画10話11話

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記☆16話last


ぺ・ヨンジュン主演太王四神記☆17話last



トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」youtube動画14話・15話

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」の海外進出が、本格化されています、ぺ・ヨンジュン主演「太王四神記」が、日本に引き続き台湾に進出しました、ファンタジー時代劇という独特のジャンルで独歩的な領域を確保し、2007年最高の話題作となったぺ・ヨンジュン主演太王四神記は、10月台湾の映画館で試写会を開催、再度その人気を確認することができました。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記の試写会は、大勢の人々が殺到し話題を集めました、中南部と華東地域、そして香港とカナダからぺ・ヨンジュン主演太王四神記を観るために集まった。ぺ・ヨンジュン主演太王四神記のファンは、良い座席を取るために早くから並び、他の映画観覧者の入場に支障をきたすほどで、ぺ・ヨンジュン主演太王四神記の人気を実感させました。

映画館の関係者はぺ・ヨンジュン主演太王四神記の試写会は、他の上映作よりも人気があった。近々台湾で放映されるぺ・ヨンジュン主演太王四神記の人気熱風を、予測させたと語っていました、今度の台湾試写会では、ぺ・ヨンジュン主演太王四神記の最新のプロモーション予告編以外に、未公開映像及びメイキングフィルムの編集本を上映して、台湾ファンの熱烈な呼応を受けました、このような試写会の成功により、ぺ・ヨンジュン太王四神記の海外進出が本格化されることが見込まれます。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画14話lastシーン

太王四神記☆14話last(ぺ・ヨンジュン)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画15話lastシーン


太王四神記☆15話last(ぺ・ヨンジュン)

ぺ・ヨンジュン太王四神記nifty

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画12話13話

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」が、30%台に迫る高視聴率を記録して、水木ドラマ1位を維持している。視聴率調査機関TNSメディアコリアによると、18日放送されたぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」は、全国視聴率28.3%を記録した。

18日放送されたぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記』の第11話では、父親を殺害した犯人に仕立てられ窮地に追い込まれたタムドク(ペ・ヨンジュン)が、神堂に来てカオリの剣の審判を受けるシーンが放送されて、関心を集めた、このカオリの剣は、無罪であるなら死ぬことはないが、今までこの審判を受けて生きた者はいないという。スジニ(シン・ジア)はやめさせようとするが、タムドクは「私も天に問いたい、ジュシンの国が天が定めた国であるなら、その王が剣では死なないでしょう」「私、タムドクは、カオリの剣を受けます」と語り、ホゲが「天の血を受け継いだ自分が行う」とタムドクに向かうが、キハがホゲから神剣を奪い、タムドクの心臓を刺す。

タムドクは「私の父にも、このように刺したのか?」「私の父もあなたを信じて、亡くなったのか?」と心の中で問う。キハは「信じていた。信じてくれると信じていた」「一人では送らない。一緒に行きましょう」と切なさを表現した。神剣で刺されたタムドクは、結局倒れてしまう。キハは懐から剣を取り出して、自分も死のうとした瞬間、タムドクの胸に刺さっていた神剣が光り輝き、何かの標徴を残して消えてしまい、タムドクは立ち上がる。皆がこの光景を見て驚愕する間、大神官は「天が無罪であることを証明した。太子タムドクが臨時王になる」と公言。

愛する人の前で、何の言葉も語ることができないキハは、熱い涙を流しながら寝込んでしまう。前世でも桓雄(ペ・ヨンジュン)を愛し、桓雄(ファヌン)から火を操る力を奪われた夢を見続けて、前世の記憶をさまよった。結局彼女は苦しい前世の記憶と切ない現在の愛に、何日間も目覚めることができなかった。


ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画12話lastシーン

太王四神記☆12話last(ぺ・ヨンジュン)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記動画youtube13話lastシーン

太王四神記☆13話last(ぺ・ヨンジュン)


ぺ・ヨンジュン太王四神記nifty

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記youtube動画10話11話

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」オ・グァンロク、「スジニア」の流行語でスターになるか・・・

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」でヒョンゴ役を務めているオ・グァンロクが、独特の重厚な声と口調で、視聴者の人気を得ている。劇中、自身の弟子であるスジニ(イ・ジア)を呼ぶ独特な話し方が、高い話題を集めています、イシューになっているオ・グァンロクの「スジニア」は、ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』のイム・ヒョンシクが国民流行語として作った「ホンチュニ」に引き続いた呼称流行語で、注目を集めています、オ・グァンロクは、「スジニア」以外にも「あ?」と短く叫ぶ感嘆詞、緊迫した状況でも笑わせる台詞で、爆発的な人気を得ています、このような小味の利く台詞は、大部分オ・グァンロクの積極的な努力からできたといいます、ドラマ制作の関係者は「『太王四神記』 撮影現場でも、オ・グァンロクの話し方は、断然の話題です、スタッフと俳優たちが、オ・グァンロクの話し方を真似ることが、流行っています、ヒョンゴキャラクターは、オ・グァンロクのおかげで、一層輝いていると思う、特に機知に富んだアドリブは、ドラマに楽しさを加え、撮影現場での潤滑油の役目を果たしている」と伝えています。

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記10話lastシーン

太王四神記☆10話last


ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記11話lastシーン

太王四神記☆11話last

ぺ・ヨンジュン公式サイト
太王四神記オフィシャルツアー2007

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演『太王四神記』は大勢のネットユーザーの中、55%以上の圧倒的な支持率を獲得した。

ぺ・ヨンジュン主演『太王四神記』が、月火水木ドラマ4編の中、ネットユーザーが最も好むドラマに選ばれた。ポータルサイトDaumで実施した「最近人気がある4大ドラマの中で、どの番組を観るか?」というアンケート調査を実施した結果、ぺ・ヨンジュン主演『太王四神記』は大勢のネットユーザーの中、55%以上の圧倒的な支持率を獲得した。

今度のアンケートは、16日現在参加者が5万人に迫っている状況。全体の55%に達する2万7014人が、ぺ・ヨンジュン主演『太王四神記』を選んでいる。『李祘-正祖大王』(10,368人)、『ロビイスト』(7,381人)、『王と私』(4,409人)が、その後に続いている。

初回放送から視聴率20%台を超えて、快調なスタートを切ったぺ・ヨンジュン主演『太王四神記』は、回を増すごとに人気上昇している。最近タムドク(ペ・ヨンジュン)が、ジュシンの王になる運命を受け入れて、本格的な太王の面貌を取り揃え始めながら、さらに高い関心を集めている。しかしぺ・ヨンジュン主演『太王四神記』を除いた残り3本のドラマは、現在の視聴率の集計結果、順位と違う結果だった。これは今回アンケートに参加したネットユーザーの選好度が、視聴率と完全に一致したものではないことを表している。

ぺ・ヨンジュン主演「太王四神記」11話の予告





トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。