アクセス解析

ぺ・ヨンジュン1人2役「太王四神記」 ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン1人2役「太王四神記」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン1人2役「太王四神記」

韓国ドラマ太王四神記が挙論される度に、省けない人物がいる。それはペ・ヨンジュンである。『太王四神記』はペ・ヨンジュンにとって、2002年『冬のソナタ』以来のドラマ復帰作というだけではなく、韓半島歴史上最も広大な領土を征腹した王として、最近多くの人々が高句麗に多大なる関心を抱き、子孫に最大の自負心を植えつけさせてくれた一人である広開土大王を演じるという点で、特別に意味深いと思う。

太王四神記でペ・ヨンジュンは、桓雄(ファヌン)と広開土大王の1人2役を演じる。第1話の神話時代では、天から降りた桓雄に扮し、今までただの一度も映像にされたことがない韓民族の神話をファンタジー的な映像に再現する。民を治めるために天から降りた桓雄は、平和と豊饒を実現して、愛と知恵を施す。そして熊族の女セオ(イ・ジア)と悲しく切ない恋を展開し、桓雄から火の力を奪われた豪族を代表する火の神女カジン(ムン・ソリ)の愛と妬みで黒朱雀が出現します。

結局四神を封印することになり、一編の映画のような物語が桓雄を中心に繰り広げられる。そして桓雄の転生と子役俳優が演じる初盤を経て、第4話中盤部から本格的な広開土大王の面貌を見せるようになります。ドラマの中でタムドクは王位に付く前、よく国内城の壁を越えて、市場に見物に行き、クッパブ(豚汁)店と賭博場の商人たちとわだかまりもなく交流し、市場通りでは回心曲を格好よく歌うお兄さんと呼ばれるなど、民と自由に交わることを楽しむ人物に表現されます。

そして民を深く理解することができるようになり、真の君主としての面貌を一つずつ取り揃える過程を見せてくれる。虎視眈々とヨン・ホゲ(ユン・テヨン)を王位に付かせるためヨン・ガリョ(パク・サンウォン)と火天会の群れの計略と父親ヤン王(トッコ・ヨンジェ)の子どもに対する犠牲などを通じて、タムドクは人民のためリーダーシップを持った真の太王に生まれかわるようになります。

タムドクが逆境の中で苦難を乗り越えて立ち上り、その過程で見せてくれる臣下と国民を愛する温かくて人間的な王の姿は、この時代が必要する真のリーダー像でもある。ドラマ『太王四神記』は、ペ・ヨンジュン特有の温かくて纎細な演技、そしてカリスマあふれる広開土大王の面貌を披露し、過去になかった“韓国型”英雄キャラクターを誕生させることで期待!


4002407093.jpg
20070922161144.jpg




スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。