アクセス解析

太王四神記 総制作430億ウォン ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

太王四神記 総制作430億ウォンのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 総制作430億ウォン

ぺ・ヨンジュン主演の太王四神記の総制作は430億ウォン、最高の韓流スターペ・ヨンジュン主演など、要素ごとに特別さを感じさせるMBC新水木ドラマ『太王四神記』が、そのベールを脱いだ。今まで多くの話題を集めた『太王四神記』は、6日午後4時30分ソウル汝矣島MBC本社大会議室で開かれた試写会を通じて、その実体を現わした。

この日試写会には、『太王四神記』の関係者と一緒に演出を務めたキム・ジョンハク監督が参加した。『太王四神記』は桓雄(ファヌン)が天から降りた神話時代から最強の国力を誇った高句麗につながる韓国の古代史を通じて、玄武、朱雀、青龍、百虎の四神と韓国歴史上最大の領土拡張を成した広開土大王の一代記を描いた大叙事詩。

約2時間にわたり、第1話、第2話の主要シーンを見た後「初盤の意欲とは違い龍頭蛇尾(初めは旺盛だが終りが不振な現象を言う言葉)になった他の史劇のように、『太王四神記』もそのようになるのではないか」という取材陣の質問に、キム監督はまだ完成していない部分を認めながらも「既存史劇の限界を充分に超えることができる」と自信感を見せていた。

太王四神記の韓国ドラマを通じて、広開土大王 に対して深く考えるきっかけになって欲しい」と強調した。キム監督は、このドラマの制作意図に対して「外国にはファンタジーに形象化された神話があるが、韓国には今までなかった。今までは教科書や童話だけで見て来た。一度も手をつけることができなかったことを、歴史の根を再現して見たかった。誰かが一度は試みなければならないと思った。私が事故を起こしたとしても、今後もう少し発展的な姿で続けて挑戦し、良い作品が出て欲しい」と明らかにしました。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記の韓国ドラマでキム監督が一番重要視したことは、主人公広開土大王をどのように表現するかということ。キム監督 は「ナポレオン、ジンギス・ハーン、ヒトラーのような世界の多くの征服者と 広開土大王は、根本的に違う」と語った。『太王四神記』は、10日ドラマ紹介と制作過程などを収めた『太王四神記スペシャル』を放送後、11日から13日まで第1話から第3話を連続で放送する予定。第4話以降は、19日から毎週水・木曜日放送される。

歴史ファンタジー韓国ドラマ「太王四神記-」で広開土大王(高句麗第19代国王)のダムドック(談徳)役に扮するぺ・ヨンジュンと、ダムドックの初恋の相手ソギハ役に扮するムン・ソリの写真が11日、初公開された。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記韓国ドラマで今回公開されたのは、広開土大王になる前の青年ダムドックの姿で、今月上旬、京畿道近郊のセットで撮影された。今後、文武を兼ね備え、思慮分別のある王へと成長していく中で、威厳を増していく姿にも期待が集まりそうです。

本格的な撮影に突入したぺ・ヨンジュンは「長い準備期間を経ただけに、これからの撮影がとても楽しみだ。ダムドックという人物が王になる過程を描いたストーリーの序盤は、作品全体に与える意味が大きいと思う」と期待を寄せています。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。