アクセス解析

太王四神記のイ・ジア、放映前から新鮮なマスクで注目されている。 ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

太王四神記のイ・ジア、放映前から新鮮なマスクで注目されている。のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記のイ・ジア、放映前から新鮮なマスクで注目されている。

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記のイ・ジア、放映前から新鮮なマスクで注目されている

太王四神記』で、女主人公を演じる新人イ・ジアが、新鮮なマスクで放映前から視聴者たちの目を引いています。

イ・ジアはペ・ヨンジュンがファヌンに扮する神話時代にはセオの役を、談に生れ変った高句麗時代にはスジニ役を演じる。主演のペ・ヨンジュンと、時代を行き来して因縁を見せることになる。

イ・ジアは全く違うスタイルの1人2役を演じるために、撮影前から乗馬と武術、弓などの苛酷な訓練を受けた。

またデザイン専攻のイ・ジアは、ドラマの中で先史時代のセオの姿から高句麗時代のスジニに変身するために、ヘアーと衣装のスタイルを本人が直接準備する情熱を見せた。

ドラマ放映前から『太王四神記』の視聴者掲示板には、「新鮮なマスクと、やさしくて生き生きした目つきや表情が、新人のようでないカリスマがある」と関心を集め、「可愛いだけでなく、多様な顔の女優なので魅力ある」、「腕白小僧のようなスジニの演技も期待され、悲運の女神セオも気になる」と、大きく期待されています。




太王四神記は、10日ドラマ紹介と制作過程を含んだ『太王四神記スペシャル』を放した後送、11日から13日まで1?3部を放送する予定です。


スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。