アクセス解析

太王四神記 益々注目される。 ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

太王四神記 益々注目される。のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 益々注目される。

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記は映画に劣らないスケールとファンタスティックな映像で、最近話題を集めているMBC新水木ドラマ太王四神記が、教育的な側面でも大反響を起こすことが期待され、注目されている。

太王四神記は10日スペシャル編を皮切りに、11日初回放送を控えている『太王四神記』は、本格的な広開土大王の一代記の展開に先駆けて、桓雄(ファヌン)が天から降りてきた神話時代を描く。

この部分は、ドラマ至上一度も形象化されなかった点で、特に青少年に対する教育的な効果をもたらすことが期待される。第1話では「あまねく人間を豊かにさせよう」と言う理念で天から降りた桓雄、青龍と百虎、玄武、朱雀の四神の形成、神話の中の国家であるジュシンの建立などが、華やかな映像を通じて具体的に形象化されます。

太王四神記は四神の形状化のため、高句麗壁画にある四神図を基礎に卓越した技術力を動員、華やかで雄大壮厳な画面を完成させた。桓雄をはじめとする四神のすべてのものを、劇中玄武(オ・グァンロク)が伝える形式で処理、視聴者が理解しやすく演出されています。

虎族出身で戦争に明け暮れる火の神女カジン(ムン・ソリ)が、桓雄(ペ・ヨンジュン)との闘争で火の力を奪われ、桓雄を愛するようになる過程、熊族の女性セオ(イ・ジア)を愛する桓雄と、これに嫉妬し火の力を取り戻そうとするカジンの復讐などが、フィクションも加味されて演出され、劇的緊張感を与えます。

桓雄神話を描いた第1話は、一編の独立したファンタジー映画で、絢爛たるCGとスペクタクルな映像が引き立つ。領土拡張の大業を成した広開土大王の一代記が主要ストーリーである『太王四神記』は、真の王が誕生するというジュシンの星が出た日に生まれた二人の子供タムドクとホゲの運命的対決、火の神女カジンの転生であるキハと熊族の女人セオの転生であるスジニ、桓雄の転生であるタムドクの数千年続いて来た切なくすれ違った愛をドラマチックに描く予定。

しかしドラマ全般のストーリー展開を裏付ける内容で構成されているため、説明的な側面が強いと言うのが弱点。制作陣はドラマ全体のために不可避的なことであるため、むしろ特別な愛情を注いだという。この点に対して演出者キム・ジョンハクPDは「少し説明的な部分がドラマの楽しさを半減させるかも知れないが、目をはなさず集中して見れるように最善をつくして作った」と説明。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。