アクセス解析

太王四神記 イ・ジア(スジニ)のオーディション ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

太王四神記 イ・ジア(スジニ)のオーディションのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 イ・ジア(スジニ)のオーディション

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ

「太王四神記」
韓国ドラマ『太王四神記』で、スジニ役で出演中のイ・ジアが、30回にわたったオーディションを通じてキャスティングされたことがわかりました。

新人イ・ジアが、『太王四神記』のヒロインスジニ役にキャスティングされたオーディションのビハインドストーリーが公開されました。

最近キム・ジョンハクPDが、インタビューで「イ・ジアの心臓の太さに、キャスティングを決めた」と明らかにした。30回にわたったキャスティングオーディションに参加したイ・ジアは、カメラテスト、シナリオリーディング、関係者ミーティングなどの徹底的な検証過程をすべて経験した。しかし生まれて初めてカメラの前に立ったイ・ジアの初オーディションは、あまり順調ではなかったようです。

演出者であるキム・ジョンハクPDが「予定されたシナリオ演技の代わりに、ある状況を作り出して即興演技をして見なさい」と突然の要求をしたという





このような状況でもイ・ジアは、荒てないで瞬発力を発揮して、父親と対話を交わす状況を演出、演技し始めた。瞬間的にイ・ジアが涙を流しながら「お父さん、お酒を買ってきました。親孝行をしたかったのに」と父親に対する自身の過ちを後悔する台詞を語った。

280345382010150547.jpg

この日父親に対する慕わしさを演じたイ・ジアの姿は、この日参加したキム・ジョンハクPDと関係者の目にはっきりと刻印された。結局イ・ジアは当時念頭に置かれていた国内トップ女優を差し置いて、ヒロインにキャスティングされた。オーディション後キム・ジョンハクPDが直接イ・ジアを事務室に呼んで合格を知らせた後にも、イ・ジアはしばらくこの事実を誰にも知らせなかった。イ・ジアは 「信じられなかっただけでなく、撮影前いつでも交替があるのではと思って、慎重になった」と当時心情を説明していました。









応援お願いしま?す。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。