アクセス解析

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記5話の要約 ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記5話の要約のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演太王四神記5話の要約

太王四神記第5話。タムドクの笑顔にキハは嫉妬する

太王四神記第5話では撃毬場(げっきゅう:馬に乗って走りながら、棒で球を打つ競技場)、黄軍の攻撃を受けた青軍の選手一人が、馬から落ちる。観客席で競技を見ているタムドクは、スジニに杖匙(チャンシ:球を打つスティック)は、元々中身は竹で作られているのではないかと尋ねる。観客の喊声の中、無表情で座っていた大長老は、紅玉ネックレスが薄い光を放ったため、その方向を見る、馬に乗って走りながら棒で打つ競技は何かに似てるような気がしました。

黄軍の幕舍に入ったタムドクは、ホゲから割れた杖匙(チャンシ)の中の牛の筋を見せてもらい、スジニにお金を渡して、なかったことにしようと言う。スジニはタムドクが太子という事実に驚く。キハは、スジニと一緒に明るく笑うタムドクを遠くから見つめる。撃毬大会の決勝戦を控え、酒を飲んだ黒軍は、怪しい男の襲撃を受ける。駆けつけたタムドクは、スェドルの脇を抱えて助けます。


太王四神記ホームページ





応援お願いしま?す。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。