アクセス解析

太王四神記 ユン・テヨンの演技について ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

太王四神記 ユン・テヨンの演技についてのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

太王四神記 ユン・テヨンの演技について

ぺヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記、ユン・テヨン、タフで強烈なカリスマ演技が輝いている。

19日大人の俳優にバトンタッチされ、新しい局面を迎えた『太王四神記』でユン・テヨンは、タムドク(ペ・ヨンジュン)と対立するヨン・ホゲ役で出演、相対的に荒くて強靭なキャラクターを完壁に消化しています。

ユン・テヨンは、王より大規模な兵を従えた絶対権力の持ち主である太大兄ヨン・ガリョ(パク・サンウォン)と小獸林王(ソスリム王)の妹ヨン夫人(キム・ソンギョン)との間に生まれた自他公認の最高貴族に成長するヨン・ホゲ役で熱演中です。

映画『ハリーポッター』のクィディッチチームと比較されながら高い関心を集めた撃毬大会シーンで、ユン・テヨンは特有の男性的で強烈なカリスマを発散、「ユン・テヨンの再発見」と言っても過言ではない印象的な演技を繰り広げています。

撃毬シーンを含めたユン・テヨンの熱演は、新しい局面に入った『太王四神記』に一層力を加えることが予測される。“素足”という別称を持っているユン・テヨンは、今度のドラマを通じて“ヨン・ホゲ ”という新しい別称を得ることが期待されています。





スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。