アクセス解析

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神は緊迫した“撃毬”シーン圧巻!  ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神は緊迫した“撃毬”シーン圧巻! のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神は緊迫した“撃毬”シーン圧巻! 

ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神は(馬に乗って走りながら棒で球を撃つ競技)シーンが放送され、視聴者たちの名シーンだったという反応と共に、視聴率30%という安定した数字を見せました。20日、『太王四神記』は視聴率調査機関<TNSメディアコリア>によると全国視聴率基準31.5%を記録し、前日放送された4話に続き、連続で30%台の視聴率を記録した。最近、テレビ局やケーブルテレビなどの熾烈な視聴率争いにより、30%台の視聴率を維持するのが容易くないことを考慮すると、『太王四神記』は序盤の安定的な視聴率を確保しています。

とくに、このような視聴率に大きく寄与したのが5話で放送された撃毬シーンだ。高句麗(コグリョ)で撃毬大会が開催され、馬上で繰り広げられる強い男性たちのパワーと技量が、国内ドラマ史上初めて描かれた。これを見た視聴者たちは「1本の映画を見ているみだいだった」「まるで西洋のポロ(4人1組で競う馬上競技)を見るようなシーンだった。撃毬を見ている間、息ができないくらい迫真感に溢れた」など、撃毬に対する感想を綴った。同時に、タムドク(ペ・ヨンジュン)を守る高句麗の近衛隊兵士たちを引率するカクダン役のイ・ダヒの姿もまた印象的であったという評価を残すなどです、毎回豊富な話題を生み、成功的な興行神話を作り出しています。




応援お願いしま?す。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。