アクセス解析

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記は日本輸出のために・・・? ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記は日本輸出のために・・・?のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ぺ・ヨンジュン主演韓国ドラマ太王四神記は日本輸出のために・・・?

ぺ・ヨンジュン主演の太王四神記は、高句麗(コグリョ)の征服君主である広開土(クァンゲト)大王を主人公とし、民族誕生神話の壇君(タングン)神話を背景としている点で民族自尊心の鼓吹が核心要素になる作品だ。しかしこれまでの『太王四神記』の内容には論議の余地がある。 広開土大王の業績の一つ、倭寇討伐の過程が扱われていない点、また当時日本に莫大な影響力を及ぼした百済の威勢が縮小されている点だ。これは、第2次世界大戦当時に日本関東軍が任那日本府説を後押しするため広開土大王碑文を操作したという一部の主張を思い浮かばせるなど、後味が悪いようです。

また作品の中で広開土大王の宿敵は視聴者が期待している中国ではなく、王位をめぐって争うヨンホゲと広開土大王の帝王登極を妨げる“火天会”という国籍不明の組織である点も論議の余地を残しています。

このように「太王四神記」は実際の歴史とかけ離れているようです、もちろんドラマが歴史を忠実に再現する必要はない。しかし今回の場合、単なる興味や歴史解釈の問題ではなく、韓流輸出対象国の日本などアジア国家をあまりにも意識し過ぎているのではないか、という印象を与えています。

「太王四神記」の中には当時“倭”という国として存在した日本はまったく出てこない。広開土大王が満州大陸征伐のほかにも新羅(シルラ)に侵入した倭寇の討伐にも大きな業績を残した点を勘案すると、かなり縮小された歴史紹介となっています。

これについてキム・ジョンハク氏は「民族の神話から意味のある話をつくって面白く描いたものだ。日本まで扱おうとするとあまりにも膨大な内容になる。24部作では消化できない。征服者ではなく温かいイメージの帝王である広開土大王の容貌を演出するため最も必要な要素だけを圧縮した」と説明しています。


応援お願いしま?す。

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。