アクセス解析

ペ・ヨンジュン主演の太王四神記7話から楽しくなりますよ ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ペ・ヨンジュン主演の太王四神記7話から楽しくなりますよのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュン主演の太王四神記7話から楽しくなりますよ

ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」がいよいよ7話からより楽しくなります。ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ太王四神記が、秋夕(チュソク/旧盆)連休期間中少し下がった視聴率を、27日の太王四神記第7話で30%台に回復し、変わらない人気を証明した。『太王四神記』の視聴率回復には、このドラマの中心のストーリーの一つであるタムドク(ペ・ヨンジュン)-キハ(ムン・ソリ)-ヨン・ホゲ(ユン・テヨン)の三角関係が、太王四神記第7話から本格化された点もあると解釈される。

太王四神記では幼い時から好きだったタムドクを生かすため、キハが死をかえりみず彼を助け出す姿は、視聴者を感動させた。ところでファンの関心は、2人が一緒に寝ていたシーンに集中しています。キハとタムドクが一緒に逃げた後一夜を過ごすシーンが曖昧に描かれており、多くのファンが解釈に苦労しています。

涙の抱擁シーンの後、タムドクとキハは一つの布団で寝ていたという点、2人のしっかり握り合った手が、タムドクの少しはだけた胸の上にのせていたという点、外部の人気にキハが服を着て出て行った(キハが上着を脱いでいた)点を推し量り、2人が結ばれたことを暗示している。視聴者は、タムドクと火天会の支配の中にあるキハの切ない愛に「涙を流した」と感想を寄せています。

今後ペ・ヨンジュン主演韓国ドラマ「太王四神記」は、タムドク-キハ-ヨン・ホゲ、タムドク-キハ-スジニ(イ・ジア)の前世からの宿命的な三角関係が形成される見込みで、視聴者の関心を高めていきます。

ぺ・ヨンジュン公式モバイルサイト

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。