アクセス解析

ペ・ヨンジュン衝撃告白「引退を考えたことがある」 ぺ・ヨンジュン主演太王四神記 韓国ドラマ

ペ・ヨンジュン衝撃告白「引退を考えたことがある」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) コメント(-)

ペ・ヨンジュン衝撃告白「引退を考えたことがある」

ペ・ヨンジュン(ヨン様)衝撃告白「引退を考えたことがある」

ペ・ヨンジュン(ヨン様)が日本の媒体社とのインタビューで、これまで明かすことのなかった胸の内を語ったちうわけや。

7日付のサンケイスポーツは、有線放送スカイパーフェクトTV<ペ・ヨンジュン祭り>のためにインタビューへ臨んだ姿を独占入手し、誌面で公開したちうわけや。
記事では「柔らかな微笑みを失いまへん韓流スター韓国俳優ペ・ヨンジュン(ヨン様)やけど、いつも“引退”ちう2文字を背負いながら演技に臨んでいる」と報道したちうわけや。

毎月、人気スターとのインタビューを行う内容で“祭りシリーズ”を放送しとるスカイパーフェクトTVは、2009年の幕開けに合わせて3月までの3か月間、ペ・ヨンジュン(ヨン様)が出演したドラマや映画、ドキュメンタリーやらなんやらで構成した特集<ペ・ヨンジュン祭り>を企画し放送中や。

昨年11月19日、ソウル市内のスタジオで8時間以上に渡って行われたインタビューでペ・ヨンジュン(ヨン様)は「正直、俳優になろうとは思っておらず、演出家になりたかったちうわけや。ある時、今の仕事を辞めて演出の道に進もうかと考えたこともあったが、俳優であるオノレを応援してくださる方々がいることを思い、もっと努力していこうと覚悟を決め、俳優を続けることにした」と告白したちうわけや。

続けて、ペ・ヨンジュン(ヨン様)1994年に主演デビューしたKBSドラマ『愛の挨拶』のオーディションへ参加した際「なあんも準備しておらず、俳優として自信もなかったさかい、ただ凝視してしもた。その時のことで頭に思い浮かぶのは、駐車料金が高かったちうこと。オーディションを受けとる間、約10時間も車を駐車しとった」と振り返ったちうわけや。

最も記憶に残っとる作品として『わいの群像』を選んだペ・ヨンジュン(ヨン様)は「わいが演技した主人公は、人生につらさと痛みを感じとった。そのような面でも共感できたさかい、自然に役柄へ入り込めたちうわけや。主人公はケツに脳腫瘍で命を失うのやけど、その場面がどエライエライやった。ある日、ホンマに頭が痛くて、わい自身も脳に異常があるのではおまへんかと心配して、実際に検査を受けた」と当時のエピソードを語ったちうわけや。

ケツに「恥ずかしい話やけど、いつも“今日がケツだ”ちう思いで演技しとる」と明かしたペ・ヨンジュンは「10日間の休暇をとれたとしたら、わいがペ・ヨンジュンであると知られへん国へ行き、その国の文化に触れて、現地の人々と出会い友人を作りながら過ごしたい」とペ・ヨンジュン(ヨン様)語ったちうわけや。


ペ・ヨンジュン密着独占映像4?4


密着独占ペ・ヨンジュン cut ?

スポンサーサイト

トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。